私と今とたまに母

元JW2世が過去を振り返りつつぼやくだけ

JWでした、良いこともあったんでは?

見てる人なんていないと思って放置してたら100人程アクセス頂いてたみたいでありがとうございます。

 

2回ほどJWへの恨み辛みをつらつらっと書きましたが良いところも書いておこうと思います。

 

1.国語の成績は良い

JWではものみの塔という設問がついた雑誌を一月かけて一冊読んでその設問にみんなで答えましょう。といったことがあります。

この社会はいかに悪魔サタンに乗っ取られているか、だとか、エホバはめっちゃ素晴らしいんだ!とか、死んだら楽園に行って永遠の命が手に入るよやったね!的なそんな内容がつらつら書いている雑誌です。内容はあんまり覚えてませんが、まぁ、どれみてもこんな感じです。

漢字の振り仮名なんてあるわけない。なんなら大人向けの文面です。

でも読めないと答えられないので、母親と二人で音読しました。読めない漢字は教えてもらいつつ、といった感じです。

おかげさまで小学校一年生に上がる前から漢字の読みは異常に早かったです。さらに、設問に対する答えの文章を見つけるという国語のテストぐらいでしかやらないようなことを常やってるので読むのも早く、読解力もあり、国語のテストは常に満点。漢字の書き取りは………置いておきましょう。

さらに設問に対して聖書から答えを探したりして辞書引きの練習もバッチリです。ここまでして母からは

「読書が足りない!!だからあんたは馬鹿なんだ!!!」

と言われてました。他の同世代の子供より文章は読んでたと思いますが、私が読んでいたのは本ではなかったようです。

 

2.なんか小話が書ける特技

JWには研究生→伝道者→バプテスマを受けた正式なJWといった階級的なもんがあります。

研究生は伝道者以上の階級の人からJWに対しての教えを教えてもらえることと集会で発言ができることが出来ます。

伝道者になると研究生を受け持つことができ、さらに金曜日の集会で小話を作る役割を割り振られます。この伝道者から受け持つことが出来る小話ですが、ほんと小話なんです。

週替りで担当者が変わり掲示板にリストが張り出されます。担当者には待ち時間10分程が渡され、集会の会長=長老からお題を渡されます。

一人で壇上に立って話すもよし、誰かにお願いしてお芝居を一緒にしてもらうといった感じです。

大体、壇上で立って話すのは男性で女性は基本誰かとコンビを組んで雑誌程度の小道具を使って「こんな風に奉仕活動をして信者を増やしましょう!」的な話の10分小話を行います。

この小話ですが、お題に基づいて設定から台詞や展開まで全て担当者が書き上げます。基本的にセリフを交互に並べた台本ですね。

自分は奉仕に来た人だとか、知り合いとかで相手はお題について悩んでいるとか、そんな感じの設定ばかりでしたが、10分程といえど、この尺に収めて話を書くのは楽しかったです。

これのおかげで【話を書く】という謎特技が身につき、バリバリ現役オタクな私は二次創作に役立っています。人気があるとかは置いておきます。あとECの仕事をしているのですが商品紹介文章書くのに重宝しています。

 

3.頭の回転は早い

文章を読むこと書くこと、内容を聞くこと、集中力を持たせることに対しては身につくので、子供の頭を働かせることにはうってつけだと思います。そこだけ。

ほんとそこだけ。

大人になっても頭の回転は速いと褒められることは多いです。頭が良いとは言われません、勉強出来なかったので頭の回転が早い馬鹿ってやつですね。それで良いですww

 

以上です

国語の面以外の恩恵はわたしにはありませんでしたwww

人によっては勉強をすることが苦でないとかそういう人も居るとは思いますが、私は学校も勉強、塾も勉強、JWも勉強で勉強が苦行でした。私に勉強をするという下地は出来ませんでした。

間違ったら手が出る、集中できなかったら手が出てくる、分からなければ馬鹿にされるそら嫌な苦行としかインプットされませんって感じです。

でも振り返ると本を読むのは大切なんだなということですね。

 

だからといってJWで国語力を身につける必要は一切ないですが。